今、ライブチャットがアツい!

ライブチャットという言葉を聞いたことはありますか?

知る人ぞ知る大人の遊びなのですが、実は今このライブチャットで遊ぶ男性が急増しているのです。

もともと男性ユーザーの規模は大きかったのですが、さらにどんどん増えてきています。
また一方で女性ユーザー数も同様に増え続けています。

なぜここまでライブチャット市場は大きくなってきているのでしょうか?

ということで、ここでは今流行りのライブチャットについて紹介したいと思います。

まずはライブチャットについて

ライブチャットというのは、ネット版キャバクラのようなものです。
画面の向こうに女の子がいて、その女の子とお喋りするのが基本的なサービスとなっています。

しかし、ほとんどの男性はお喋りなどが目的ではなく、女の子のエロエロなパフォーマンスを見に来ています。

というのも、ライブチャットにはノンアダルトとアダルトというジャンルがあって、ノンアダルトはエロ行為なし、そしてアダルトはエロ行為がありとなっています。

エロ行為というのは、服を脱いでストリップ的なことをしたり、大人のおもちゃを使ってオナニーを披露したり、ディルドで疑似フェラチオをしたりというように、

一人でできる範囲のエロ行為はなんでもOKというかなり過激なサービスになっています。

このアダルトの方で遊ぶライブチャットはエロチャットとも呼ばれていて、今はこのエロチャットがかなり盛り上がっているんです。

エロチャットのエロさは想像以上

エロチャットの何がそんなにエロいのかというと、パフォーマンスをしている女の子が、どこにでもいるような一般素人の女の子であるというところです。

風俗やキャバクラだと、サービスの質は凄いですがプロ意識が高いので、どこか割り切った感じを受けてしまいます。(キャバ嬢の中にはそんなことも感じさせないぐらいのプロもいますが)

しかし、エロチャットにいる女の子は、ほんとうにそこらへんのコンビニとかにいそうな一般的な女の子が多いです。しかも結構可愛い感じの。

ネット越しということもあり、女の子も気が緩んでいるんでしょう。結構大胆になってくれますし、いい意味で雑になっているんですよね。

それがめちゃくちゃエロいんです。生々しいと言いますか。

一度見てしまったら、病みつきになること必至に違いありません。

多少の散財は覚悟しなければいけませんが、全然それぐらいの価値のあるサービスだと思います。